製造現場を改善し、変革する

ものづくりDXソリューション

IoTやAIを活用して製造現場の業務プロセス改善、
工場全体の見える化・最適化を実現することにより、
「ものづくり」における生産性向上、コスト削減および
作業の自動化に寄与します。

デジタルを活かして業務改善と新たな価値創出へ

DXユースケース

お客様の製造現場の課題に対応したDXシナリオによって、
導入後の生産性向上やコスト削減が可能になる対策・方法をご提案します。

テクノロジーの連携でお客様のビジネス活性化を支援

エコシステムパートナー

BIPROGYの「ものづくりDX」シナリオは、マーケットリーダーや
イノベーティブなスタートアップとのパートナーシップによって、
価値を生み出しお客様のDXの加速をサポートします。

生産工程のボトルネックを特定し、
生産効率を改善

製造現場における課題

製造現場における課題

製造現場では、設備故障による生産工程の遅延や、カンコツだけでは故障の抜本的な対策ができないなどの事象が発生しています。さらに、工場のボトルネックの所在や打開策の方法が分からないといった問題もあります。

こうした課題の解決には、停止ロスや性能ロスを削減し、設備の時間稼働率/性能稼働率を改善する対策が必要です。

データ活用による対策

設備の状態データと作業データを収集し、稼働率の低い設備や停止理由を特定することで
「止まらない」工場の実現を目指します。

設備状態の可視化

設備機器にセンサーを取り付け、状態データを自動収集するとともに、設備停止時には作業員がその理由を登録することで設備状態を可視化できます。

設備総合効率ダッシュボード(イメージ)

設備総合効率ダッシュボード(イメージ)

停止理由を特定し、抜本的な対策を実施

設備停止に最も影響を及ぼしている要因をひと目で把握し、どの事項を優先して解決すべきかが明確になります。

設備稼働状態管理(イメージ)

設備稼働状態管理(イメージ)

ソリューション

エッジデバイス情報収集ゲートウェイの「IoT Data Server」やQRコードリーダー、
構造化/非構造化データを1カ所に集約する「Data Lake(オンプレミス/クラウド)」、
および収集データを分析・可視化する「BIツール(Tableau、MartSolutionなど)」の
組み合わせでご提供いたします。

ソリューション

IoT Data Server

250種類以上のプロトコルに対応し、プログラムレスでさまざまな機器と接続、
データ収集から加工、保存、可視化までを実現。製造現場の進捗・稼働状況を
リアルタイムに把握することが可能です。

IoT Data Server

AI StellaController

ALL In One構成で簡単組み込み
かつシンプル簡単AIツールで立ち上げ時間短縮

最大4カメラ同時接続

PLCリンク接続によるPLC通信

画像・データファイルを汎用ファイル形式で保存可能

システム構築例
AI StellaController仕様 I/Oインターフェイス用コネクタ端子機能 コントローラ カメラ アクセサリ

Tableau

Tableauは、直感的な操作によるビジュアルなレポート作成を可能にするツールです。
操作性のほか接続性にも優れ、マウス操作だけでデータソースと接続できるうえ、
従来のデータ分析のような情報システム部門の支援なしにユーザーが自ら
データを収集・分析することを可能にします。

■特徴

ビジネスユーザー自身で手軽に分析が可能

美しいユーザーインターフェース(UI)による可視性の高さ

大規模データを高速処理、多様なデータソースに対応

IT部門の負荷軽減に直結

■機能

優れた表現力と直感的なドラッグ&ドロップ操作が可能

リアルタイムなデータ分析(ライブ接続)や、インメモリの高速データエンジンによる分析が可能

Tableau画面イメージ

設備稼働状態管理
設備総合効率(OEE)

設備稼働データを活用した
歩留りの改善

製造現場における課題

さまざまな原因により不良品が発生することで、歩留りの低下が生じています。

不良品発生の主な原因

データ活用による対策

設備の稼働情報や
工程の実績情報に
おけるデータを収集

ダッシュボード
テンプレートで
良品率の低い設備を特定

不良品が多く発生
している設備を把握

特定した設備の
加工状態(加工実績データや加工時の
センサーデータ)をXbar-R管理図で分析

不具合が発生した
原因(加工や製造
条件)の追究が可能に

設備総合効率

設備総合効率

Xbar-R管理図

Xbar-R管理図

ソリューション

設備や工程から稼働データ/製造実績データなどをプログラミングレスに収集する
「IoT Data Server」、各種データを蓄積する「Data Lake」、インタラクティブな
ダッシュボード作成ツール「Tableau」により、データの可視化や分析を可能にする
ソリューションをご提供いたします。

ソリューション

設備稼働データとAIの活用による、
製品品質向上と検査の効率化

製造現場における課題

製造現場における課題

目視検査は人間の感覚で行うことから、検査員による判定のばらつきやヒューマンエラーが発生する恐れがあります。
また、製品の小型化や要求品質の厳格化が進み、かつ多品種生産が増える中で、
検査にかかる負担がいっそう大きくなっています。

加えて、不良品発生の原因特定に熟練作業員のカンコツで対処する手段も、
深刻な人材不足により持続的でなくなりつつあります。

データ活用による対策

データ活用による対策

AI外観検査

目視検査工程における作業員数と検査回数を大幅に削減。また、サンプリング検査から全数検査にすることで検査品質の改善につながります。

AI外観検査

製品不良と設備稼働データの相関分析

AI外観検査の判定結果と、設備の稼働データや故障データを掛け合わせた相関分析を行うことで、不良品発生の抑制を目的とした保全の取り組みが可能です。

製品不良と設備稼働データの相関分析

ソリューション

AI外観検査を可能にする「AI StellaController」、エッジデバイス情報収集ゲートウェイの
「IoT Data Server」、構造化/非構造化データを1カ所に集約する
「Data Lake(オンプレミス/クラウド)」、および収集データを分析・可視化する
「BIツール(Tableau、MartSolutionなど)」の組み合わせでご提供いたします。

ソリューション

設備のダウンタイムを削減し、
生産効率を改善

製造現場における課題

生産能力を大きく左右する設備の稼働率。
工場では、製造プロセスの停止をまねくさまざまな問題が発生しています。

製造現場における課題

データ活用による対策

AIやダッシュボードテンプレートの活用により、機械や設備の異常を検知し、
障害発生前にメンテナンスを実施することで突然の生産停止を防ぐことができます。

データ活用による対策

ソリューション

PLCやセンサーから機械・設備の稼働状態データを収集する「分散型IoTビジネスプラットフォーム」や
「IoT Data Server」、機械学習により故障予兆検知を実現する「VibSign」(回転機械)、
インタラクティブなダッシュボード作成ツール「Tableau」(その他の機械・設備)により、
設備状態の把握を可能にするソリューションをご提供いたします。

回転機械故障予兆検知